無宗教儀について

無宗教葬とは

無宗教葬とはの写真

無宗教葬とは、宗教的な儀式や葬儀の習慣がない自由形式の葬儀のことです。

日本では仏教の葬儀が一般的ですが、最近では無宗教の葬儀も選択する人が一定数増えています。日本では仏式の葬儀をするのが一般的ですが、現在では無宗教の葬儀を選択する人が一定数います。割合で増えています。無宗教葬の特徴や手順、費用、マナー、葬儀後の注意点などをご紹介します。

無宗教葬儀の特徴

無宗教の葬儀は、宗教的または慣習的な制約からの自由を特徴としています。所定の儀式にとらわれず、“故人とのお別れ “を “故人と一緒に “という形で行うことは自由です。それはそうです。故人とのお別れを希望する場合は、お別れ会という形をとることができます。

無宗教葬の流れ

無宗教の葬儀には決まった形はありませんので、葬儀の内容や段取りは自由に決めることができます。しかし、よくあるのは、宗教的な要素が一切ない仏式の葬儀の形です。以下、無宗教葬の流れの一例をご紹介します。

(1)入場:参加者が入場します。
(2)紹介文:司会者が式の始まりを告げる。
(3)黙祷:聖句を読むのではなく、全員が黙祷します。
(4)供養:故人の好きな曲を演奏する、または生演奏など (5) 略歴紹介:故人の好きな曲を演奏する。
(5)伝記:故人を紹介します。
(6)スライドショー:スライドを見せることで故人の記憶を呼び覚ます。
(7)共感電報の紹介:届いた共感電報を通訳が読み上げる。
(8)謝辞:遺族代表者が参加者に謝辞を述べる。
(9)花の贈呈:遺族、親族、参列者がこの順に一人ずつ花を贈呈します。
(10)お別れ:みんなで故人とのお別れをしました。
(11)閉会の挨拶:司会者が式の終わりを告げ、葬儀を終わらせる。(12)納棺:葬儀後、棺を取り出して火葬場に送る。
(13)夕食会:火葬後に夕食会を開催することがあります。

柏市の葬儀社グランドセレモニー