無宗教儀について

お香袋と看板

お香袋と看板の写真

無宗教の葬儀でも、インセンティブパッケージを用意しましょう。

標準的な無祝儀袋または白封筒のパッケージを使用してください。封筒の表面には「御霊前」や「お花料」と書くのが理想的です。宗教とは関係のない名札を使うのがマナーだということを覚えておきましょう。

お線香ではなく、お花をお供えしましょう。

無宗教の葬儀では、仏式の葬儀のように線香を焚くのではなく、祭壇に花を飾るのが一般的です。お花のお供え物です。花の贈呈の一般的な手順は以下の通りです。

(1)自分の番が来たら、前に出てきて遺族に頭を下げましょう。
(2) スタッフから花を受け取る。右手に花を持ち、左手に茎を持ちます。
(3) 献花台で故人の像にお辞儀をする。
(4) 根元が祭壇に向いている花を取り、献花台の上に置きます。
(5) 故人の像に再び頭を下げ、静かに祈る。
(6) 遺族に一礼して席に戻る。

無宗教の葬儀であっても、お焼香をしたいと考える人は多いです。そのような場合は、焼香しても何も問題はありません。しかし、ホテルなどの葬儀場以外の場所を選べば、他のお客さんに気を遣う必要はありません。焼香は一般的に配慮して禁止されています。また、式場のルールを踏まえた上で、コースや演出も考慮する必要があります。