無宗教儀について

葬儀後の法要

葬儀後の法要の写真

ここでは、無宗教のお葬式の後に行う法要の方法をご紹介します。

永代供養

永代供養とは、お寺や霊園の管理者が遺族に代わってご遺体を管理し、お世話をすることです。昔ながらのお墓ではありません。普通のお墓と違って推定継承がないので、伝統的には相続人や親族はいません。人々が敬意を払うための方法として使われていました。しかし、現在ではお墓が不要になり、供養費用を抑えることができるため、人々の供養は 珍しくなくなってきましたね。永続的なケアを選ぶ人が増えています。また、子供に迷惑をかけたくない、財産を残しておきたいという墓地の相続人もいます。しかし、多くの人が自分で永代供養を選択しています。

海洋散骨

海洋散骨とは、砕いた骨を海に散骨して埋葬する方法です。自然に戻りたいと思っている人が増えているので、海の散布を選ぶ人が増えています。海葬は通常のお墓よりも費用が安く、維持費もかかりません。また、宗教に関係なく埋葬できるのも海葬のメリットです。海散は、海で告別式を行う無宗教葬と組み合わせています。また、計画されています。

無宗教の葬儀を行う際の注意点は?

無宗教の葬儀は徐々に人気が出てきているとはいえ、いまだにほとんどの葬儀は仏教的な方法で行われています。馴染みのない無宗教の葬儀に反対する人もいるので、親族との十分な話し合いが必要です。

菩提樹太とのトラブル

また、お付き合いのあるお寺や菩提寺に問題がある可能性もあります。葬儀社が宗派の教えに従わない場合、ご家族のお墓にご遺体を安置することができない場合があります。無宗派の葬儀社を選ぶ際には、これらの点をよく考慮しましょう。

サービス中に何もすることがない葬儀

また、無宗教の葬儀に慣れていない葬儀社に依頼する場合は、葬儀の内容について具体的なアドバイスは おそらくできないと思われます。 . 残念ながら、無宗教の葬儀を依頼し、葬儀の内容は全て葬儀社に任せていたため、葬儀社の スタッフがご遺骨を拝見させていただきます。何もしないで10分で式が終わる会場もあります。葬儀の内容は全て遺族が行うと葬儀社が決めているので、あえて準備をせず、結果的に式は 何もしないでいると棺桶に時間がかかってしまう。場合によっては、これが現実の可能性もあります。このような誤解を避けるためにも、無宗教のお葬式を行う際には、どのようなお葬式にしたいのかを知っておく必要があります。もしくは遺族側に何かしらのイメージがある。また、どのような葬儀ができるのか、葬儀屋さんに相談するようにしましょう。伝える必要があります。また、より柔軟なお別れを希望する場合は、家族葬などの小規模で最低限の葬儀が必要になります。後日、送別会を開催する場合もあります。これも無宗教葬儀の一種。近年、無宗教葬が話題になっていますが、メリットが多い反面、注意点もあります。しかし、「無宗教」や「費用の節約」などの理由で、無宗教の葬儀を選ぶ理由はいくつかあります。 警告 決める前に考えなければならないことがたくさんあります。